義務エリアを
チェックしよう!

自転車保険の加入義務エリア

地図

自転車の重大事故によって高額な賠償金を請求されるケースが増えています。
そのため、各自治体では、“被害者の保護”と“加害者の経済的負担軽減”のため、自転車保険への加入を義務化する動きが進んでいます。

義務エリア

  • 宮城県
  • 山形県
  • 埼玉県
  • 群馬県
  • 千葉市
  • 神奈川県
  • 東京
  • 山梨県
  • 長野県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 金沢市
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 三重県
  • 奈良県
  • 岡山市
  • 愛媛県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 熊本県
  • 福岡県
  • 大分県

努力義務エリア

  • 北海道
  • 青森県
  • 茨城県
  • 千葉県
  • 富山県
  • 和歌山県
  • 鳥取県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 高知県

(注)条例制定状況は2021年9月時点の公布日ベース(当社調べ)です。詳細は各自治体にお問い合わせください。

閉じる

知っていますか?

自動車保険を解約すると失われる補償があります!

家族全員で月額980円
  • 例えば

    イラスト

    自転車で歩行者と
    接触しケガをさせた

    他人への賠償の補償

  • 例えば

    イラスト

    自転車と接触し
    ケガをしてしまった

    ご自身のケガの補償

業界初

クルマを手放した人の日常を守る

UGOKU

早くもご契約5,000件突破!

お申込みはコチラ

選ばれる3つの理由

  • ※1:マイカーを手放したお客さまのニーズに特化した商品の発売が業界初(2021年9月時点当社調べ)
  • ※2:自転車利用中に対象となる補償についての表記となります。(2021年9月時点 当社調べ)
    詳しい補償内容についてはこちらをご覧ください。
  • 特徴01 業界最高水準の補償内容

    • 自転車事故などによるお相手への
      賠償無制限

    • ご自身のケガの補償は安心の
      最大3,000万円

    • 示談代行サービス弁護士費用
      も補償

    • 自転車のロードアシスタンス
      宿泊移動費用も補償

    自転車でぶつけられてケガをしたときの
    弁護士費用
    イラスト
    パンク時のロードアシスタンス&宿泊移動費用
    イラスト
    • 詳しい補償内容はこちら
    • 自転車保険加入義務化にも対応!義務エリアのチェックはこちら
  • 特徴02 実は‥自転車以外も凄い!

    もちろん家族全員!

    自転車事故に加え、
    日常生活の幅広いリスクもカバー

    • ケース01

      イラスト

      カフェでうっかりコーヒーを倒してしまい、隣に座っていた人のパソコンが濡れて壊れてしまった。

    • ケース02

      イラスト

      バスの急停止により車内で転倒し、ケガをしてしまった。

    • ケース03

      イラスト

      ショッピングカートから手を放したら、坂道になっていたためカートが走り出し、近くの人にケガをさせてしまった。

    • ケース04

      イラスト

      車いすを常用している祖父が段差を乗り越えようとして転倒しケガ。走行できなくなった車いすが運搬された。

    • ケース05

      イラスト

      散歩中、飼い犬が歩行者に噛みついてしまった。

    • ケース06

      イラスト

      友人から借りたゲーム機で遊んでいたら、落として壊してしまった。

    備えるなら幅広いリスクに!
    保険料は変わらず月額980円!

    お申込みはコチラ
  • 特徴03 家族でまとめて月額980円

    家族一人の加入で家族全員に手厚い補償

    パパが入ったから我が家は安心だ!
    • お子さんが自転車 通学になったイラスト

      お子さんが自転車
      通学になった

    • 離れて暮らす 大学生のお子さんが自転車を利用する通学になったイラスト

      離れて暮らす
      大学生のお子さんが
      自転車を利用する

    家族の環境が変わっても
    自動で全員を守り続けるので
    補償漏れの心配がありません。

    お申込みはコチラ

    (注)家族とは、契約者本人、配偶者、本人またはその配偶者の同居の親族、本人またはその配偶者の別居の未婚の子をいいます。

ご契約者さまの満足の理由

  • イラスト

    自転車の補償は自動車保険の特約でカバーしていたのですが・・・

    クルマを売却することになったので、自動車保険を解約しましたが、自転車に乗っている時の賠償やケガの補償が無くなってしまうことに気付きました。何かいい保険が無いか調べていたところ、UGOKUを見つけました。クルマを手放した人のための保険とのことで、必要な補償が一つにまとまっていて、私にはぴったりだと思い加入しました。

    40代女性

  • イラスト

    引越しのタイミングで自動車を手放しました。

    仕事の都合で都心に引っ越すことになったので、自動車を手放すことにしました。移動手段が自転車中心に変わるので、自動車保険の解約のタイミングでUGOKUに加入しました。家族全員の日常生活を幅広く補償して、月額980円はお得だと思いました。またクルマを購入するかもしれないので、1か月単位で加入でき、解約が簡単なところも気に入っています。

    30代男性

よくあるご質問

  • レンタル自転車や友人から借りている自転車でも「自転車等のロードアシスタンス特約」の対象ですか?

    はい。ご自身で所有されている自転車等以外も補償の対象となります。
    ただし、補償の対象となる方(被保険者)が使用または管理中の自転車等に限ります。

  • 自転車等のロードアシスタンス特約とはどういう時に補償されますか?

    使用または管理中の自転車等が事故、故障またはトラブルにより走行不能となり運搬された場合に、その搬送費用を5万円を限度に補償します。

  • 弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)ではどのようなときに補償されますか?

    日常生活に関わる被害事故に関する損害賠償請求や加害事故に関する刑事事件に必要な弁護士費用、弁護士への法律相談費用などを補償します。
    (加害事故に関する刑事弁護士費用および法律相談費用は、自動車事故に限ります。)

    <具体例>

    • ・歩行中、スマートフォンを操作しながら運転中の自転車にはねられてケガを負った場合。
    • ・信号待ちで停車中に後ろから追突されたり、歩行中に信号無視の自動車と接触しケガを負わされるなどの被害事故に遭った際に、相手方が損害賠償請求や示談交渉に応じない場合。
    • ・自動車を運転中に他人にケガを負わせてしまい、刑事事件の対応を行う場合。

1ヶ月単位で加入が可能。
解約もスマホで簡単♪

お申込みはコチラ

「UGOKU」はドライバー保険に「移動保険に関する特約」を付帯した契約のペットネームです。

SJ21-51179(2021.10.13)